黒仙道に生きる者の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS スキルと天書の考察(主に黒仙道)

<<   作成日時 : 2008/11/07 00:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 …と言ってもそんなに大それたもんじゃありません。
 Cβやって見ながら感じたぐらいの事でして。
 まぁ気軽に見てやって下さい(笑)

 誅仙はlvによるステ上昇が全て均一です。
 じゃあどこで個性を出すのかというと、スキルと天書のレベリングって事になります。
 lvが上がる度にスキルポイント(SP)が必ず一つ、天書ポイント(TP)は一定の間隔で一つもらえます。
 ちなみに天書は特定スキルを強化してくれるようなもので、ほとんどがパッシブです。
 しかし、全てのスキル・天書をlvMAXにできるわけではありません。
 要は取捨選択という事ですね。
 理想は、使えるスキルを見定めて、それに見合った天書lvを上げる事ですが…初めてなのにわかるかよっ。

 で、これ以降は黒仙道しか分からないのでそれに関して話しますが、黒仙道のスキル・天書は明確な分化があります。

 黒仙道はご存じの通り、変身という特殊な仙術を持っています。
 元の状態を魔封態、黒仙道一段から使用できるようになる魔魂覚醒、二段から使用できるようになる蟲王覚醒と三変化するわけですが、スキルはどれも専用になっていて、それぞれの形態になっていないと使えません。

 つまり、スキルツリーも天書もそれを基準に分かれているのです。

 スキルツリーの説明は省くとして、天書は「天」「地」「仙」の3巻の中に17ずつ天書スキルを収めています。
 そして黒仙道の場合、天が魔封態地が魔魂仙が蟲王のスキルを主にサポートします。
 しかし先程も言いましたが、TPはSPよりも集まらないので、3巻の間で浮気が多いと強力なスキルをサポートする天書スキルを取得できない羽目になってしまいます。

 で、予め私見である事を断っておきますが、自分としては、メインにする変身スタイルに合わせてスキル・天書共に覚えていけばいいんじゃないかと思います。
 無論、変身を有効活用するならまんべんなくUPさせるのが理想ですが、あまりそこに傾倒すると器用貧乏になるおそれがあるのではないかと。
 変身によってステの上下、特化する分野が変わってくるようなので、個々のプレイスタイルに合った型を見つけれるのがベストかも知れません。

 …重ねて言いますが、私見ですのであまり真剣に受け取らないように。

 何だかんだ、今日の夜八時からOβ開始ですね。
 無線LANの調子悪いから、参戦遅れるかもなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スキルと天書の考察(主に黒仙道) 黒仙道に生きる者の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる