黒仙道に生きる者の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS Cβの思い出(再編集版)

<<   作成日時 : 2008/11/05 00:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 やっぱり更新できなかったー。って事で今日書きます。
 SSなしの上、つまらん文章で語らせて頂きます(笑

 lv21になった頃。
 メインクエの流れ的に、初期マップである河陽から青雲に移る頃です。
 この際河陽でのクエを全部片付けてやろうと思った自分は、ずっと引っ掛かってたジャンプクエをしようと考えました。
 誅仙はジャンプが使えるので、それで建物やら何やらにひょいひょい上っていくクエがあったりするんです。
 で、その内の一つがどうしてもできなくて放置してたので、やったるぞ!と決意も新たに再挑戦しました。

 かなり大ざっぱにルートを説明すると壺→塀→塀→出っ張り→屋根→隣の屋根→…と続くわけですが、屋根と隣の屋根の間に落ちてしまうと出られなくなるんです。

 牢獄ですね(笑

 それも、今まで失敗していなかった個所なのにこの日だけなぜかバミューダの三角(実際は四角)並に落ちました。

 一回ならまだいいんです、帰還術があるから。
 すぐに二回目失敗すると痛いんです、術のCT一時間だから。

 …落ちましたよ、二回(笑

 んでその狭い空間を意味もなく彷徨ってたら、次なる犠牲者が。
 確か鬼王宗か天音寺の女性。
 自分はあまり人に話しかけないのですが、向こうから挨拶してきてくれたので返しました。
 何か旅団でクエ遂行を手伝っていたみたいで、すぐに四〜五人ほどが集結。

 その方々が、自分の帰還術のCTを待ってくれまして。

 悪いなぁと思いましたが、正直嬉しかったですね。
 初対面なのに三十分くらい座って話相手になってくれて、毒茶を差し入れてくれたり(笑)、わざわざ一緒に牢獄に入ってきてくれたり(笑)、MMOっていいなぁと思える瞬間でした。

 そうこうしている内に、再び帰還術が使えるように。
 よーし、戻…ろうとしたその時。
 一般チャットでの会話を聞いていたらしい別のプレイヤーさんが一言。

「出られるよ?」

 …えーっ!?(笑

 元いた六人は誰一人として知らなかったようで。
 よく見ると奥の方にほっっっそい道がありました。
 本当に無理やり、キャラの向きを変えまくって進む感じでようやく脱獄。

 で、みんなで仲良くクエ遂行しましたとさ、ちゃんちゃん。


 Cβが終わる三日前の出来事でした。
 あの時助けて下さった方々、本当にありがとうございました。

 でも、またしなきゃいけないんだよな、このクエ(苦笑

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Cβの思い出(再編集版) 黒仙道に生きる者の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる